為替予想とFX比較

FX取引を行う上で、避けて通れないのが「為替相場の予想」です。

例えば、これが株式であれば話は比較的シンプルで、
対象の会社の業績や経営状況、または需要の状態によって株式の価値は変動します。
しかし、これが外国為替相場の予想となると、
よりグローバルな視点と世界状況に対してアンテナを張り、変化を敏感に感じ取る嗅覚が必要とされます。

為替相場の分析・予想は、現在の所、大まかに二種類に分類されています。
長期的な視点で為替の変動を予想する「ファンダメンタルズ分析」と、
一日一日の短期的な変動を予想する「テクニカル分析」です。

この内、長期的な分析を行うファンダメンタルズ分析は、
為替の対象となる二国間の政情や経済状況に左右される性質を持っています。
例えば、日本とアメリカであれば、円高ドル安の今後の予想を中心として、
両国のGDPや金利状況等の要素が、まるで生き物の様に影響しあい、ファンダメンタルズ分析の方向を決定づけます。

また、短期的な為替の予想を行うテクニカル分析は、市場の投資家達の意思が大きく反映される性質を持っています。
投資家達は、毎日の報道やチャートの動きを見て、その日の売買の決定を行いますが、それがテクニカル分析に影響を与えます。

一般的に、FXでそれぞれの外国為替を比較し取引を行うには、長期的なファンダメンタルズ分析の方向性に注意を払いつつ、
短期的なテクニカル分析の動向に注意を払い、重視するべきとされています。
また、これら多くの外国為替の動向を比較し、より効率的なFX取引を行う為には、複数のFX取引口座を持つ手法が有効です。

現在、FX取引会社は数多く存在しており、それぞれ特徴を持った取引口座を提供しています。
例えば、日本円より高い金利の外貨購入で利益を得られる「スワップポイント」を狙うのに最適なFX取引口座も、
微妙に違いがあり、どの口座が自分の取引手法に合っているか、実際に使用してから比較検討が必要です。

これらFX口座の比較は、実際に自分で使ってみないと分からない面が大きく、色々と試行錯誤が必要な部分とされています。
ページのトップへ戻る